投稿記事

Forguncyで顧客管理システムを作ってみました!(2)

投稿日:

Excel関数もグラフも使えて画面も変更できる、ノンプログラミングWebシステム開発ツール「Forguncy(フォーガンシー)」。

今回は、前回作成した顧客管理システムに絞り込み検索(フィルター)の機能を追加してみます。

↓↓ 前回の記事はこちら ↓↓

顧客一覧ページの上部に検索条件の設定部を作成するため、リストビューを選択してドラッグにより下部に移動します。

検索方法といっても色々な種類があるかと思います。

今回は検索項目を5つほどピックアップし、5つのコンボボックス型セルを設置。

それぞれのコンボボックスのリスト項目は「テーブルからデータを取得」を有効にして、値フィールド/表示フィールドを設定します。

選択項目をクリアできるよう、「未選択項目の追加」にチェックを入れておきます。

「未選択項目の追加」にチェック

コンボボックスが未入力の時は全てが対象であるので、透かし文字に「全て」と入れます。

手入力も可能にするため「選択による入力のみ可」のチェックは外しておきます。

「選択による入力のみ可」のチェックを外す

コンボボックスに値が入るとリストビュー表示を絞り込む方法もありますが、今回コンボボックスは条件を指定するだけにして、実際に絞り込み表示を実行するのはボタン型セルの機能とします。

と言うことで、コンボボックスの設定は以上です。

では絞り込み表示を実行するボタン型セルを設置します。

ボタン範囲を選択して「ホーム」タブにある「セル型」から「ボタン」をクリック。簡単ですね。

設置したボタン型セルのコマンドには次のような「クエリー」を設定します。

「クエリー」の設定

値は先に設置したコンボボックス型セルの入力値です。

コンボボックスには手入力を可能にしたので、条件は「=(等しい)」ではなく「指定値を含む」にします。

少し体裁を整えて、Builderから「開始」をクリック。

コンボボックスのドロップダウンボタンをクリックすると、対象項目のリストが表示されます。

顧客IDのドロップダウンリスト

担当者のコンボボックスに「伊藤」さんを選択して「表示」ボタンをクリックすると、リストビューは「担当者」=「伊藤」であるリストに絞り込まれました。

担当者=「伊藤」に絞り込み

担当者のコンボボックスを未選択に変更、住所のコンボボックスに手入力で「□□」と入力して「表示」ボタンをクリックすると、住所に「□□」が含まれるリストに絞り込まれました。

住所に「□□」が含まれるデータに絞り込み

以上です。

今回はコンボボックスを使ってリストビューの絞り込み条件を設定するシステムを作成してみました。

ちょっとした業務システムであれば、プログラムを書く必要は全くなく、ノンプログラムでExcel(エクセル)ファイルに設定を付けていくだけで、Webシステム化が完了してしまいます。ちょっと慣れは必要ですが、ある程度使えるようになれば、どんどん業務改善が進められるかもしれませんね!

次回もお楽しみに!


Forguncyに関するお問い合わせ


Copyright© Forguncyソリューションサービス , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.