PickUp Forguncyの使い方 セル(Cell)型

セル型 テキストボックスの作成-Forguncy(フォーガンシー)

【セル型】テキストボックスの作成-Forguncy(フォーガンシー)

Excelライクなノーコードプログラミングツール「Forguncy(フォーガンシー)」。 今回は、テキストボックスの基本的な使い方についてご紹介したいと思います。

■テキストボックスとは

単一行で値を入力する、またはデータ表示などを行う部品です。

テキストボックス

セルを選択して[ホーム]→[セル型]のドロップダウンリストから[テキストボックス]を選択します。

選択したセルがテキストボックス型になります。

ドロップダウンリストから「テキストボックス」を選択

プログラムを実行すると、テキストボックスが表示され、入力が可能な状態です。

テキストボックスに入力

右ペインの設定によって、下記の状態となります。

パスワード用文字の表示、透かし文字、アイコン

テキスト入力時に実行されるコマンドを設定します。

右ペインの[セル型]タブの「コマンド」で処理を登録します。

セル型タブのコマンド

「コマンドの選択」ドロップダウンリストから処理を選択します。

ここでは「メッセージの表示」を選択します。

「コマンドの選択」から「メッセージの表示」を選択

テキストボックスに入力した値をメッセージに表示します。

「数式を使用する」にチェックをし、文言とテキストボックスのセル[B2]を文字列結合(&)する式を記入、OKボタンで登録します。

数式を入力

プログラムを実行し、テキストボックスに入力すると、メッセージが表示されます。

テキストボックスに「こんにちは」が入力されました

テーブルのカラムとデータ連結することで、テーブルデータの操作を行えます。

右ペイン[データ連結]タブの「データソース」でテーブルを、「連結フィールド名」でカラムを指定します。

「データ連結」タブの「データソース」でテーブルを、「連結フィールド名」でカラムを指定

入力した値をテーブルに更新・追加する操作は、通常はボタン等の別の部品にコマンドを設定して実行します。

コマンド、テーブルデータの更新、テーブル1を追加

プログラムを実行し、テキストボックスにテキストを入力した後、「登録」ボタンを押下します。

登録ボタンを押下

テーブル1の「セル名称」にテキストボックスに入力した値が追加されています。

テキストボックス

テキストボックスにデータ連結をしただけでは、テーブルデータの表示はされません。

テーブルデータには複数行あるため、表示させる行を判断するためにカレントレコードを設定する必要があります。

・リストビューを使用

テーブル1にデータ連結したリストビューを設定します。

セル名称、データソーステーブル1

プログラムを実行すると、リストビューにデータが読み込まれ、リストビューのカレントレコードがテキストボックスにも表示されます。

セル名称「ボタン」

リストビューのカレントレコードを移動すると、テキストボックスにも同じ行の値が表示されます。

セル名称「チェックボックス」

・コマンド「カレントレコードの設定」を使用

※このコマンドを使用するには、プラグイン「カレントレコードの設定コマンド」のインストールが必要です。

「カレントレコードの設定コマンド」

ページにリストビューが無い場合に、コマンドでカレントレコードを設定することができます。

右ペインの[ページ設定]タブから「ページロード時のコマンド」で処理を登録します。

「ページ設定」タブの「ページロード時のコマンド」

コマンドの選択で「カレントレコードの設定」を選択します。

※プラグインがインストールされていない場合、このコマンドは表示されません。

「カレントレコードの設定」を選択

「設定するカレントレコードを特定する条件」で、対象テーブルに「テーブル1」、条件に「ID=9」を登録します。

「設定するカレントレコードを特定する条件」

プログラムを実行すると、テーブル1のカレントレコードが「ID:9」のレコードの設定され、その行の「セル名称」の値が表示されます。

「テキストボックス」が表示される